Topへ戻る

6.2mマホガニー
モーターボート
試運転

於:東京湾マリーナ
2001/11/3

モーターボート試運転に単独でお邪魔しました。操舵もできてラッキー!。35馬力エンジンで16〜17ノットとのこと。軽くてよく走り、操舵は素直で不安定さはまったくなし。直進性抜群。11月4日は舵社の取材。当方が一足先に公開しちゃいます!!。11月7日にはドイツへ旅立つ妹よ。

011103a.jpg
先週に引き続き見物に参りました。赤みが随分増したような?

011103b.jpg
仮の操舵輪が取り付けられた(後日、正式な操舵輪に交換された)。操舵はほんとに素直で楽でした。

011103c.jpg
エンジン始動パネル。

011103d.jpg
上のアーチはコンパスの保護でしょうか。

011103e.jpg
キャビン入り口の扉。扉の上も跳ね上がりますので大柄な人もご安心を。

011103f.jpg
この下にエンジンがある。

011103g.jpg
サイドも開いて小物を収納できる。

011103h.jpg
風防ガラスを通して前を見る。

011103i.jpg
風防。厚いガラスが入った。

011103j.jpg
SANOMAGICに特徴的なバウハッチ

011103k.jpg
バウハッチと風防の配置

011103l.jpg
バウハッチ四隅の組木細工

011103n.jpg
前部デッキの全景

011103o.jpg
前部デッキの象嵌細工。船体の流線型が強調されているかも。

011103p.jpg
先週、これがマホガニー製と聞いて大変驚いている人がいました。

011103q.jpg
後部デッキの金具。綺麗だな。金具磨きも楽し。

011103r.jpg
今日は国旗が立っていました。ポールもマホガニーです。呆れた。

011103s.jpg
船体後半部の全景。

011103t.jpg
操舵席。椅子は豪華な白い革張りです。

011103u.jpg
各部の造形が調和するように細かく配慮されている。

011103v.jpg
前方から見たところ(...あたりまえか)。

011103w.jpg
この写真気に入ったのですが、いかがでしょう。

011103x.jpg
風防の端の細工。細かいところも巧く処理。

011103y.jpg
トランサムと側板のつなぎ目。トランサムの厚さは3〜4cmあったはず。

011103z.jpg
金具の下にはマホガニー座布団が敷かれています。

011103za.jpg
安定感のある船尾。

011103zb.jpg
船体重量が680kgと軽かったため、予想より浮き気味とのこと。

011103zc.jpg
風防の角度が絶妙。

011103zd.jpg
こんな部分もちゃんと曲線美を保つ。

011103ze.jpg
バウ先端の処理。中央のクリートもマホガニー。

011103zf.jpg
船内空気の循環装置。モーターを回すと一方から吸気し、他方から排気。

011103zg.jpg
この旗、由緒がありそうですが、聞き忘れた。さらりとした不思議な素材。赤丸は別の布をパッチワークしてあります。

011103zh.jpg
接合面は蝶々型の部品でつないであります。

011103zi.jpg
キール先端には細い金具が付けられている。

011103zj.jpg
ちょっと走ってはエンジンの調子をみる末四郎。注意深いですな。

011103zk.jpg
排水の量、温度も点検。

011103zl.jpg
エンジン保守の時はこんな風に跳ね上げます。

011103zm.jpg
別の角度から。

011103zn.jpg
座席の下も収納スペースになっていました。アンカーはここに入れてと。

011103zo.jpg
エンジンはフランス製(クボタ改造品?)の35馬力ディーゼル。スクーナーと同じもの。

011103zp.jpg
二人寝られるキャビン。奥の箱は、取り外したエンジンカバー。

011103zq.jpg
小さいけどしゃれた窓が4つ。

011103zr.jpg
いざ出発。遠くへは行かないけど。

011103zs.jpg
波を蹴立てて軽快に走る。エンジン音も絶妙。考えてみれば、船全体がスピーカーボックスだもの。

011103zt.jpg
スクリューシャフトとエンジンの接続部。

011103zu.jpg
エンジンチェックを幾度も繰り返す。船体の浸水は全くなしとのこと。

011103zv.jpg
あー面白かった。貴重な体験をありがとうございました。

Topへ戻る