Topへ戻る


2008.2.2 SANOMAGIC Wooden Bicycle

SANOMAGICでは自転車1号機の改良と、Pretty Angel号の8年ぶり船底塗替が同時進行中。1号機のハンドルとリムがグンと良くなりました。Pretty Angelの化粧直しにもご注目。

20080202-151330.jpg
Pretty Angel搬入で狭くなった工場では、1号機が壁に吊り上げられてました。写真は撮りやすいですな。

20080202-151354.jpg
1月中にハンドルと後輪リムが交換され、走行安定性がさらに向上。

20080202-151505.jpg
リムは12/24バージョンよりも肉厚にされ、高速走行時の安定性を高めた。

20080202-151513.jpg
やや厚肉になったのが見えますか。前回はこちら。

20080202-151807.jpg
ハンドルも作り直した。中央部にブリッジを架けることにより、ねじれ剛性をさらに高めた。前回はこちら。

20080202-151813.jpg
このハンドルでやっと「極めて満足のいく性能」が得られたという。

20080202-151822.jpg
ただし、このハンドル、作る手間は半端でない。末四郎をしても丸4日間要したとのこと。

20080202-151827.jpg
ハンドルと後輪リムの改良により、高速時の安定性が格段に高まった。

20080202-151844.jpg
全体的に、色も赤みを帯びてきた。

20080202-151907.jpg
精悍な姿となりました。

20080202-152005.jpg
背骨の凹みが印象的。

20080202-152011.jpg
サドルも赤みが強くなってきた。寒空に感触が暖かい。この滑らかな表面が漕ぎやすさを生んでいるかも。

20080202-152020.jpg
乗り心地の良さは、木製リムと、シートポスト、およびサドルの影響が大きく、特にシートポストによる振動吸収が一番大きいという。

20080202-152026.jpg
前輪よりもやや厚くなった後輪リム。作り方は前回同様にマホガニー積層体。

20080202-152043.jpg
安全性を確認するため雨の中を走ったが、マホガニーの吸水によるゆがみは全く生じなかった。各スポークのリム貫通部には防水シールも設けてある。

20080202-152057.jpg
このハンドルの素晴らしい触感をお伝えできないのが残念。いつまでも撫でていたい。見かけよりも遙かに軽く、冷たくない。

20080202-152107.jpg
どうやって作ってあるか、わかりますか。答えは後で。

20080202-152120.jpg
ねじれ剛性の高いボトムブラケット部が高いトルクを生む。

20080202-152158.jpg
プリティエンジェルの塗り替えが完了したら中空フレームの2号機に取りかかる予定。

20080202-152238.jpg
お尻が痛くならず暖かいサドル。

20080202-153805.jpg
ハンドルの作り方ですが、まず左右に延びる積層部材を作った後、真ん中の三角形の部材をはめ込み、さらにブリッジ状の積層体を作る。

20080202-153817.jpg
あまりにも複雑なため、このハンドル1本で末四郎が4日間かかるという。

20080202-155239.jpg
これは末四郎通勤用に愛用する自転車。リムは前後ともマホガニー製。シートポストとハンドルの一部もマホガニー製。

20080202-155251.jpg
こちらの木製リムは毎日過酷に使用され、全く問題生じず。わざわざ凹凸激しい道路を選んで高速で走っているそうです。

20080202-155258.jpg
アルミリムより丈夫と自信が深まってきたという。悪天候や段差もへっちゃら。ブレーキの利きも良い。

20080202-155317.jpg
こちらのハンドルは、アルミフレーム上にマホガニー薄板を張ったもの。ハンドルステーはマホガニー積層体。

20080202-155328.jpg
このシートポストは約半年使用したが全く異常なし。折れることは全く考えられないとのこと。

20080202-160654.jpg
上はSANOMAGICリムに使用されているスポーク連結金具。下は従来の外国製木製リムに使用されている金具とのこと。上は重いが引き抜き強度がずっと高い。

20080202-s154546.jpg
取材時、ちょうどプリティエンジェルの船底塗装を剥がしているところでした。前回塗装から8年間、進水から31年東京湾に浮かんできたとは思えない木肌。

20080202-s154552.jpg
舵やスクリューシャフトなど金属部品は交換するも、外板の傷みは無かった。デッキは美化のため一部交換予定。

20080202-s154606.jpg
プリティエンジェルが綺麗になっていくところも今後取材していきます。

20080202-s154615.jpg
プリティエンジェルはSANOMAGIC艇の原点。プリティエンジェルの歴史はこちら。

20080202-s154631.jpg
高校3年の時に張った外板がそのままであることに改めて驚く。

20080202-s154638.jpg
このボディこそが"SANOMAGIC"の評価を受けたのだ。

20080202-s154700.jpg
バラストは当時のまま。

20080202-s154715.jpg
サンダーで削ると木の匂いが立ちこめる。

20080202-s154850.jpg
マホガニーの外板はその樹脂分で自身を守る。

20080202-s154859.jpg
海から揚げて乾燥させたが外板には隙間もない。

20080202-s155021.jpg
一艇一艇、全て船形が違っている。末四郎はプリティエンジェルの船形を「今見てもとてもいい」と評する。

20080202-s155038.jpg
高校3年生が造った船尾。

20080202-s155044.jpg
舵とスクリューシャフトは交換、スクリューは磨いて再使用の予定。

20080202-s155158.jpg
東京湾のあかを落としてさっぱりと。

20080202-s160029.jpg
サンダーはこうやって掛けます。

20080202-s160122.jpg
末四郎にとってこの船は最初の子どもであるから

20080202-s160137.jpg
こころなしか作業に気魄がこもります。次回は塗装シーンを取材。

Topへ戻る