Topへ戻る


2008.3.1 SANOMAGIC Pretty Angel and
Wooden Bicycle

今回の主役はPretty Angel号。8年ぶりのリストアが順調に進んでいます。この日は5回目のニス塗り。塗り重ねるごとに飴色が深まり、リストアの度に一層完成度を高めていきます。

自転車1号機ではハンドルにキャップを装着。2月19日にはBicycle Club誌から取材もありました。皆さん、本気でがんがん漕いでいったそうです(そういえば「漕ぐ」って船と同じですね)。4月発売とのこと。

20080301-150631.jpg
3月1日に取材したらちょうどニス塗りの途中でした。15:06:31

20080301-150637.jpg
もうもうたるニス霧の中、作業は進んでいきます。
15:06:37

20080301-150718.jpg
ニスの塗り方については、こちらでおさらいを。
15:07:18

20080301-150743.jpg
4回目を塗り、サンドペーパーをかけた状態。
15:07:43

20080301-150803.jpg
このうえに5回目を塗っていきます。
15:08:03

20080301-150840.jpg
ニスはもちろんいつものオランダ製。
15:08:40

20080301-150931.jpg
この作業にマスクは必須。15:09:31

20080301-151015.jpg
1回の塗りを手際よく約15分で完了。
15:10:15

20080301-151020.jpg
手摺りも丁寧に
15:10:20

20080301-151058.jpg
動画再生
15:10:58

20080301-151238.jpg
動画再生
15:12:38

20080301-151323.jpg
15:13:23

20080301-151347.jpg
15:13:47

20080301-151356.jpg
動画再生
15:13:56

20080301-151523.jpg
15:15:23

20080301-151557.jpg
飴色がぐっと深まった
15:15:57

20080301-151631.jpg
トランサムの光沢
15:16:31

20080301-151800.jpg
乾燥したら再び表面を磨いて6回目を塗り重ねる。15;18;00

20080301-151849.jpg
15;18;49

20080301-151915.jpg
15:19:15

20080301-152054.jpg
15:20:54

20080301-152152.jpg
まだ濡れている状態。乾いたら研磨することにより光沢が増す。
15:21:52

20080301-152234.jpg
しっとりとした色になりました
15:22:34

20080301-152319.jpg
SANOMAGICの看板
15:23:19

20080301-152413.jpg
塗装完了。ほんとに手際がいいなあ。
15:24:13

20080301-152500.jpg
デッキ金具も全て取り外して清掃。デッキも一部張り替えます。
15:25:00

20080301-152525.jpg
小物類も磨いて塗装済み。15:25:25

20080301-152626.jpg
これは通勤用自転車。雨天通勤の必要に迫られて泥よけを試作。もちろんマホガニー積層体です。非常に軽く、先端を掴んで自転車を持ち上げてもへっちゃら。リムは綺麗です。

20080301-164613.jpg
こちらは1号機のハンドル。ヘッドトップキャップが取り付けられました。

20080301-164628.jpg
水滴型をしていて、簡単に外れます。

20080301-164731.jpg
現在の姿。プリティエンジェルの塗り替えが完了したら、いよいよ2号機(中空フレーム)の製作開始。

20080301-164735.jpg
写真では分かりにくいのですが、左右に延びる部分は前方側がやや尖った卵形の断面形状をしています。単純な円形ではありません

20080301-164741.jpg
Bicycle Club誌の取材陣はがんがん乗り回して行ったそうです。マホガニー積層体の剛性と粘り弾性を感じていただけた様子。

20080301-164819.jpg
このキャップだけはマホガニーの無垢材です。下のハンドルの筋は年輪ではなく、積層境界です。マホガニー材に年輪はない。

20080301-164829.jpg
写真を撮りながら、さんざん撫で回している私。

Topへ戻る