Topへ戻る


2008.4.5 SANOMAGIC Pretty Angel and
Wooden Bicycle

Pretty Angel号の8年ぶりのリストアが完了。すっかり新艇同様になりました。4月11日に東京湾マリーナへ帰り、新たな船出を待ちます。
自転車1号機にはボトルケージを装着。もちろんマホガニー積層体製、超軽量、丈夫です。SANOMAGICが作るとこうなります。

20080405-151758.jpg
Pretty Angel号のリストアが完了。船齢32歳のエンジェルがすっかり若々しく。

20080405-151808.jpg
4月11日に東京湾マリーナへ帰ります。その前にテレビの取材があるとか。「ぶらり途中下車」だそうです。

20080405-151839.jpg
マホガニー側板も研磨により若い色に。マホガニーの赤色層は表面から0.5mm位。これからまた赤色化が進んでいく。

20080405-151901.jpg
ちょうど1号機の試運転から帰ってきた。(movie)

20080405-152341.jpg
自転車1号機。マイナーチェンジは続いています。今回はボトルケージ。

20080405-152352.jpg
新しいものを作る度に発見があり、面白くて仕方ないとのこと。

20080405-152441.jpg
これが新作のボトルケージ。やはりマホガニー積層体です。

20080405-152457.jpg
あれ、キャップも変わっている。デザインを変えてみたとのこと。

20080405-152548.jpg
今度のぶらり途中下車は、この自転車が主役らしいです。誰が旅人か乞うご期待。

20080405-152651.jpg
歌舞伎の隈取りを思い浮かべた。

20080405-152658.jpg
一見華奢そうですが、凄い弾性があります。折れる心配はなさそう。

20080405-152702.jpg
とにかく、何でも試作してみる。単に木で作るだけでなく、木の特性を活かして性能を向上させるのが目的。

20080405-152725.jpg
デザインも末四郎ならでは。

20080405-152801.jpg
ボトルを固定した感じ。十分な把握力があります。既に走行試験も十分に行った。

20080405-152815.jpg
知人紹介で、モーニングライドにも参加。桜が綺麗ですね。マニアの方々にも1号機は引っ張りだこ。

20080405-153057.jpg
マニアの人たちは特に「リムが欲しい」と評価。振動吸収力が凄いそうです。

20080405-154639.jpg
さて、プリティエンジェル。デッキも一部張り替えました。すぐに船出できる状態です。

20080405-154655.jpg
エンジェルもお化粧直しして純白に。

20080405-154705.jpg
高校3年の時に彫ったままのエンジェル。

20080405-154733.jpg
どうやって塗装してあるのかわかりませんが、艶々です。

20080405-154744.jpg
船体の光沢もご覧あれ。

20080405-154804.jpg
背景が船体に映ってます。

20080405-154834.jpg
マキハダとマキハダを詰める道具。この道具も随分味が出ましたな。

20080405-154914.jpg
前回塗装の時はもっと船体が赤かったような気が。今回は船体の研磨量を多くしたのでしょうね。

20080405-154926.jpg
この船はつくづく、写真で見ると大きいのか小さいのか分からない。

20080405-155027.jpg
外板は32年前のまま。

20080405-155041.jpg
今気がつきましたが、PRETTY ANGELの次に描かれているマークは何だろう?

20080405-155059.jpg
しみじみ眺めるとエンジェルはかなり色っぽい。

20080405-155124.jpg
まもなく運搬されるためベルトが掛けられている。

20080405-155133.jpg
次の塗り直しはまた7年後くらい。その時エンジェルの船齢は約40歳。

20080405-155201.jpg
次回もきっと取材します。

20080405-155210.jpg
エンジェルはなんとかしてこの先もずっと保存したいものです。

Topへ戻る