Topへ戻る


2008.7.12 SANOMAGIC Wooden Bicycle

家具の製造も終わり、自転車2号機もかなり進んできました。今はフレームの組み立てが完了した段階。車輪やハンドルも仮組立してもらい撮影しました。Movieもあります。

20080712-154616.jpg
フレームの組み立てがやっと完了した。フロントフォークも取り付けてみたところ。Movie

20080712-154805.jpg
フレームの全景。おお、背中の反りが色っぽいです。もっとごついと思った。

20080712-154817.jpg
背骨は下へ湾曲し、後ろへ行くにつれ太くなっていく。前から後ろへ滑らかに力を流す。

20080712-154844.jpg
後ろから見る。

20080712-154947.jpg
ボトムブラケット周辺。1号機よりも肉が落とされている。

20080712-155035.jpg
逆に強化したのは、フロントフォークとヘッドチューブ。

20080712-155121.jpg
ヘッドチューブはあのU字型部材で作られ、チューブ強度を高めている。

20080712-155153.jpg
ハンドルも仮組立し、ぐるりと周りを回る。Movie。

20080712-155419.jpg
過剰強度のところは肉をそぎ、補強箇所は肉を付けた。木だからこそ可能な強度調整。

20080712-155435.jpg
もう一度おさらいしておきますと、トップチューブとダウンチューブとシートチューブが中空で、肉厚は6mm。

20080712-155446.jpg
もちろん、全ての箇所がマホガニー積層体で形成されている。

20080712-155525.jpg
2つのフレームを並べて説明する。Movie

20080712-155816.jpg
並べると2号機フレームの曲線がよく分かる。

20080712-160932.jpg
大きさ自体も1号機よりやや縮小した。

20080712-161331.jpg
車輪も取り付けてみる。Movie

20080712-161823.jpg
2号機の全容が浮かんできた。フレームの曲線が車輪と調和。なお、フレームはこれからさらに肉を落とす。

20080712-161843.jpg
こちら1号機。2号機と比べると男性的に見えますな。

20080712-162054.jpg
走行性能は1号機より遙かにアップするという。

20080712-162334.jpg
2号機フレームがどのように推進力に影響するか、興味津々です。

20080712-162533.jpg
本日、この自転車のオーナーも来られていました。

20080712-162846.jpg
全てのマホガニー部品がそれぞれの立場で振動を吸収する。

20080712-163012.jpg
ボトルブラケット金具が納品されれば、走行可能とのこと。完成は7月末を予定。

20080712-163218.jpg
ライダー目線でみると、背骨のくぼみが強調される。

20080712-163249.jpg
速いだけでなく、疲れにくい自転車になる予定。

20080712-163255.jpg
まだ金属部品がついていないので、驚くほど車体が軽い。5kg位かな。

20080712-163309.jpg
さらに余分な肉をそぎ、オランダニスを塗ることで、見違えるようになる。

20080712-163319.jpg
造船技術向上のために始めた自転車が、2号機でここまで来てしまった。

20080712-163352.jpg
もちろん船も造りますのでご安心を。

20080712-163408.jpg
それにしても、この自転車、魔力も持ちそうです。完成を乞うご期待!

20080712-163651.jpg
4脚の椅子はちょうど完成したところでした。「ハイヒールの猫足」もお披露目。

20080712-163723.jpg
座面がお尻の形状にへこんでおり、驚くほど柔らかい座り心地。姿勢が自然と良くなり、腰痛がなおるとの噂も。

20080712-163900.jpg
真上から見たところ。全てのパーツが柔らかくカーブし、マホガニーが体を包み込む。

20080712-163939.jpg
座面の形状は末四郎が試行錯誤の末生み出した独自形状。

20080712-164007.jpg
家族の歴史と共に、マホガニー椅子はこれから赤く色づいていきます。

Topへ戻る