Topへ戻る


2008.10.11 SANOMAGIC Wooden Bicycle Nos.3 and 4

10月11日、3,4号機のフレームはどうなったかな。綺麗になって宙づりにされていました。

20081011154924.jpg
お、2台が宙に浮かんでいる。置き場所に困ったのだそうです。まんべんなく日焼けできるメリットもあります。

20081011155008.jpg
3,4号機ともフレームはほぼ完成。部品の入荷は12月頃になるとのことで、走行できるのはもう少し先。これはフロントフォークがS字型の3号機。

20081011155428.jpg
4号機フレームの全景

20081011155932.jpg
4号機フレームを後ろ上方から見た写真。塗装はまだ完了していませんが、光沢は既に凄い。

20081011160018.jpg
4号機フレームのトップチューブの肉抜き部を塞いだ後。蓋自体が4層であり、大変な手間がかかっている。

20081011160214.jpg
3,4号機はハンドルの強化が特徴の一つ。水平部分の径を大きくし、自転車レース時にも極力ロスが生じないように。

20081011160230.jpg
動物骨格の雰囲気があります。

20081011160312.jpg
3号機はカンパニョーロ、4号機はシマノで統一する予定。

20081011160332.jpg
フレームの光沢はこの造船技術から来ています。

20081011160400.jpg
強度と重量バランスの最高点を模索しています。

20081011160418.jpg
目標は、装飾性ではなく、自転車としての最高性能。来年の自転車ショーからご招待をいただきました。

20081011160508.jpg
強化したハンドル。このハンドルを作れるのは宇宙中で末四郎のみ。全てマホガニー積層体で作られています。

20081011160520.jpg
中央から左右に延びる幅広部分は、なんとも言えない?断面形状で、握りの馴染みがたまりません。

20081011160546.jpg
単純な金属パイプと比べて、長距離を走ったときの腕の疲れが全く違うと思われる。しかも、肌触りが温かい。

20081011160638.jpg
フロントフォークの支持構造もいっそう強化された。

20081011160740.jpg
上方から見た感じ。やはり動物的ですね。

20081011160806.jpg
トップチューブもダウンチューブも中空にした跡が見える。

20081011160830.jpg
ハンドルの側面写真。オーナーの体型に合わせて調節される。

20081011160838.jpg
一号機に比べて格段に強化されたハンドル固定構造。内部に秘密があります。

20081011160912.jpg
すっきりした前景。

20081011160930.jpg
シートチューブとシートポストを一体化する案があったのですが、やはり昇降可能とした。

20081011161124.jpg
こちら2号機。念願のスタンドがやっと完成!。これでつっかえ棒の不安から解放されます。

20081011161138.jpg
このスタンドもマホガニー積層体だった。

20081011161346.jpg
2号機は塗装し直され、バーテープもきれいになって、とうとうお嫁入りします。写真はこれが最後かな。寂しい気が…。素敵な色になりましたね。

20081011163146.jpg
壁には3,4号機のリムとシートポストが。リムは平均350gとなりました。

a20081011154242.jpg
自転車とは全く関係ありませんが、家具オーナーからご依頼のエスプレッソマシンの置き台。

a20081011154434.jpg
天板にも側板にも象眼細工。正面には装飾彫刻が。

a20081011154540.jpg
いかなる家具のご注文にも対応できます。

b20081011161656.jpg
もちろん、船も。

Topへ戻る