Topへ戻る


2008.12.6 SANOMAGIC Wooden Bicycle
Writing Desk and Bicycle Nos. 3 and 4

12月6日、3,4号機は部品が入荷するまでお休み状態。不景気到来にも拘わらず、自転車ブームなんですな。代わりにライティングデスクが現れました。末四郎が1ヶ月を要した大作です。

200年家具と[積層]の謎を解くビデオ4本もあります!

0120081206154450.jpg
あれ、自転車はまだタイヤがない。昨今の自転車ブームによるのか、金物が届かないのだそうです。12月末頃に届くそうな。それまで走行はお預け。

0220081213223740.jpg
SANOMAGIC内にそびえる巨大なマホガニー製ライティングデスク。初めて見るタイプ。設計・制作に1ヶ月近くかかったとか。凄い存在感があります。

0320081213224056.jpg
オーナーのご希望により、SANOMAGICでは珍しい艶消しニス塗装。オランダニスはいつもと同じだが、塗装方法が異なる。まだ塗装は完了していないとのこと。最終的にはもっと綺麗になります。

0420081206160536.jpg
パネルが開くとデスクになる。奥にはかわいい引き出しが6つ。

0520081206160640.jpg
パネルを閉じたところ。左右および正面には全ての箇所に象眼細工が施されている。赤みはまだ序の口。これからますます深くなる。

0620081213224142.jpg
デスク上部。棚の奥にはマホガニーの柾目板。かっちりした威圧感があって、実物を前にすると、目が覚めます。

0720081206155534.jpg
小引き出しには何が入るのかな。お子さんたちが大事なものを入れたがりそうです。

0820081206160356.jpg
デスク下部の引き出し。パネルを倒したときには、伸縮可能な2本の腕が支えます。

0920081206155512.jpg
小引き出しの組木細工。

1020081206155332.jpg
象眼細工の周囲は、上下左右で木目の方向が変わる。白い部分は白い木片を埋め込んである。

1120081206155408.jpg
木目の向きがよく判りますね。あ、斜めの部分は木目の向きも斜め。

1220081206155354.jpg
台座は四隅は知恵の輪のような組木細工になっている。単なる飾りではない。

1320081206155552.jpg
「200年家具」の秘密はメンテナンス性にあり!
ビデオで詳しく説明。

1420081206160244.jpg
小引き出しユニットも簡単に取り外し可能。全ての箇所が補修できるのがSANOMAGIC家具。

1520081206160320.jpg
パネルを支える腕の構造。先端面にも象眼細工。

1620081206160414.jpg
細部を眺める楽しさが味わえますな。オーナーはお客さんが来るたびに説明したくなりそうですね。

1720081206160706.jpg
足下の組木細工。どうなっているのか、さっぱり判りません。一度組み立てると極めて頑丈で、外し方を知らないと外せないのだそうです。

1820081206160818.jpg
さて、主役の自転車3号機と4号機。右の4号機は来年、ヨーロッパへ渡ります。

1920081206161152.jpg
現在、6号機までオーナーが決まりました。6号機の完成は2009年秋頃かな。

2020081206160908.jpg
この4号機の特徴はフロントフォークが太く、バナナ形状に戻っていること。外国人の体重を考えた結果。3号機はフロントフォークがS字型をしています。

2120081206160922.jpg
4号機も赤みが増しましたね。おさらいしておきますと、フレーム前半分の三角形は全て中空。ペダル無しで7kg台を目指しています。

2220081206161706.jpg
4号機はフロントフォーク回りの強化がテーマ。

2320081206161208.jpg
1号機と4号機は、2009年1月16日11:00-18日17:00まで科学技術館で開かれるハンドメイドバイシクルフェアに出展されることになりました。この機会に実物をぜひご覧下さい。

2420081213230027.jpg
飴色が素敵だ。

2520081213230039.jpg
この色がヨーロッパで人気を集めそうです。(欲しい方は今のうちに注文したほうが…)

2620081213230109.jpg
号を重ねる毎に確実に進化している。

2720081206161448.jpg
実は、5号機ではハンドルの中空化に挑戦!!やや太くしてさらに剛性をアップし、中空化で一層の軽量化を図るという。製造工程はますます複雑化する。

2820081206161456.jpg
マホガニー繊維の光り方でややこしい製造工程が浮かび上がります。

3020081213230249.jpg
フレーム中空化の跡が見えます。コストを考えたら、中空化は絶対にしないと思います。

3120081213230307.jpg
ストロボを点けると繊維が光り、作業の跡がよくわかります。

3220081206161814.jpg
この自転車の中で最も手間のかかるハンドル。左右それぞれが0.8ミリのマホガニー薄板を32枚ずつ積層してできています。枝分かれ部分に三角形の積層体をはめ込み、さらに前方を積層体でつないでいます。これを中空化するとは、どうやるんだろう?

3320081206161610.jpg
ボトムブラケット周辺。1,2号機の経験でほぼ完璧なバランスが実現。

3420081206162350.jpg
積層の謎を説明するビデオ。必見です。

3520081206162748.jpg
積層用のマホガニー薄板を製造するビデオを公開。ハンドルの左右部分を作るのに、64枚が必要。

3620081206165950.jpg
厚さ0.8mmの板を作るのに9mmが必要だった。今はバンドソーの特注で5mmになったが、それにしても歩留まりが低いと嘆くビデオ。

3720081206165916.jpg
この高価なマホガニー材2本で、やっとフレームの上下材がとれるだけ。殆どがおがくずになってしまう。(龍角散のように細かいマホガニーおがくず。何かに使えませんかね〜)

3820081206164644.jpg
SANOMAGICに来たばかりの超精密かんな。0.8mmの薄板を削るのに威力。これまでは電動かんなで0.8mmにしていたという。

3920081206163448.jpg
これでハンドルの半分ができる。28枚だからちょっと足りない。

4020081206164702.jpg
無造作に置かれたフレーム材も一つ一つ大変な工程で作られてます。

4120081206162254.jpg
これは1号機。SANOMAGIC自転車の原点です。プリティエンジェルみたいなものですね。末四郎の愛機として残っていきます。

Topへ戻る