Topへ戻る


2009.8.15 SANOMAGIC Wooden Bicycle

金子カメラマンに遅れること半月後に6号機を取材に。が、6号機には新宿高島屋のショーウインドーで放映するビデオ取材が来ており、当方が撮影する前に、どこかへ走り去ってしまった。残念。ドイツでのユーロバイクには3号機を展示するため、3号機が里帰り中。代わりにこちらを取材しましょう。

20090815152945.jpg
取材にいったら6号機がちょうど走り去るところ。ライダーはあの「エイリアンヘルメットの兄さん」=小松さん。戦闘機は健在ですか。

20090815152946.jpg
新宿高島屋で、6号機を展示しながら、6号機の走る姿をビデオ放映するのだそう。伊勢丹やら、高島屋やら、ショーウインドーづいていますな。エコブームかな。

20090815152950.jpg
小松さんの乗る6号車と取材班は、走行シーンを撮影に出発。

20090815153706.jpg
あらら、行っちゃった。ふと見ると綺麗な3号機が。しかもディープリムになっている。

20090815154210.jpg
しかし良い色ですな。この3号機がユーロバイクに出展される。

20090815154228.jpg
また、ぐるっと撮ってみましょう。6号機ではなく3号機を出品する理由は、こちらのほうがフレームが若干大きく、ドイツ人体型にあうから、とのこと。

20090815154246.jpg
ユーロバイクでは、NOVATECのブースに展示されます。ハブを使っている縁で招待された。

20090815154254.jpg
3号機もディープリム化して走行性能が格段にアップしたという。

20090815154310.jpg
マホガニーバイクはヨーロッパでどんな評価をされるやら。

20090815154318.jpg

20090815154326.jpg

20090815154336.jpg

20090815154716.jpg
ディープリムの性能が明らかになるにつれ、マホガニーバイクも一斉にディープリム化か。

20090815154726.jpg

20090815154734.jpg
ドイツへの輸送は、分解して末四郎が持参する。

20090815154740.jpg
オーナーも出展を喜んでいるそうです。

20090815154750.jpg

20090815154802.jpg

20090815154808.jpg

20090815154818.jpg

20090815154828.jpg

20090815154852.jpg

20090815154924.jpg

20090815154934.jpg

20090815154954.jpg

20090815155002.jpg
3号機の特徴は背骨の窪みが深いこと。

20090815155014.jpg

20090815155036.jpg
フレームの色気では、現在、3号車が最高ではないかと小畑は思います。

20090815155148.jpg

20090815155250.jpg
NOVATECのハブ。回転のよさで選ぶと必然的に、これだそうです。

20090815162728.jpg
小松さんが今回乗ってきた自転車。ランスなんとかという特別車らしい。よく見ると凄い断面異形状のフレームですな。こんな形、どうやって作るのだ?(高そう!)

20090815163814.jpg
7号機のディープリム?。長命機はこれかな。製造方法は日々どんどん進化している。末四郎は決して止まらない。

20090815164110.jpg
船も撮影。自転車を撮りに来たカメラマン氏もぐっと引きつけられている感じ。船も凄いんですけどね〜。

20090912120057.jpg
【動画】 ディープリムについての解説。マホガニー中の導管による弾性反発力で前へ向かう力が生じる。

Topへ戻る