Topへ戻る


2009.10.03 SANOMAGIC Wooden Bicycle

EUROBIKE 2009の後、休むことなく7号機の製作が始まりました。その7号機と、新宿高島屋で展示される6号機の取材に行ってきました。

2009-10-03_14.55.59.jpg
こちらは以前木リムを購入されたお客さんの木リムのスポーク調整。女性の方ですが、この木リムで1日200km位走るのはザラだそうです。凄い!東京から日光往復とか、下田に寿司を食べに行くとか平気でやるそうです。(-_-;)

2009-10-03_14.57.51.jpg
あっという間のスポーク調整。過酷な使用環境でもリム自体に全く問題なしとのこと。

2009-10-03_14.58.50.jpg
傍らにあるこの反り返った板が7号機フレーム。ものすごい剛性があり、人力でたわむような柔なものではありません。

2009-10-03_14.59.11.jpg
7号機フレームは基本的に6号機フレームを踏襲する。6号機がほぼ完璧だったということでもあるのでしょう。YouTube見ましたか。ランス小松さんの走り、凄かったですねえ。明らかに「車を待って」ましたね。

2009-10-03_15.00.38.jpg
7号機は長命さんに酷使される予定。完成するとすぐにレース漬けの毎日が始まります。それこそが末四郎の望むところ。バリバリのレース仕様がとても楽しみ。飾り物じゃないことを世界に知らしめて下さい。

2009-10-03_15.00.57.jpg
7号機のハンドルとリム。あれ、この小さいのはひょっとして。

2009-10-03_15.01.04.jpg
7号機のハンドル。もちろん中空高剛性ハンドル。以前より細身になってきたような。

2009-10-03_15.25.19.jpg
こちらは6号機。2009/10/16-18に新宿高島屋のショーウィンドーに飾られる予定。ランス小松さんの走る姿が動画で写されるそうです。

2009-10-03_15.25.31.jpg
どこにも無駄の無い姿。

2009-10-03_15.25.39.jpg
いろいろなアスリートに漕いで貰い、スピードメータでデータをとり続けています。

2009-10-03_15.25.48.jpg
問題があればすぐに改善してきた結果、6号機でここまで進化しました。2007年10月から始めたなんて、誰が信じられるだろう。

2009-10-03_15.26.18.jpg
中空フレーム、マホガニーサドル、中空高剛性ハンドル、ディープリム、いずれも2年前には想像もできない技術でした。

2009-10-03_15.26.25.jpg
よくぞここまで、と小畑もしみじみ感慨に耽ります。秋ですから。

2009-10-03_15.26.35.jpg
以前はスタンドもなかったな〜(笑)

2009-10-03_15.26.59.jpg

2009-10-03_15.27.19.jpg

2009-10-03_15.27.30.jpg
この色はこれからどんどん深くなる。

2009-10-03_15.27.41.jpg

2009-10-03_15.28.05.jpg

2009-10-03_15.28.16.jpg
2009-10-03_15.28.27.jpg
2009-10-03_15.57.17.jpg
調整完了した木リムのオーナー。これからもガンガン乗り回して下さい。

2009-10-03_16.05.01.jpg
やはり出たか。小径ディープリム。これも作るのは極めて困難と言っていたはずなのに。例の横浜のお客さんです。アンパンマンは健在ですか。

2009-10-03_16.05.14.jpg
手前が6本組、後ろがラジアル組になっています。

2009-10-03_16.05.40.jpg
前輪はラジアル組。綺麗だなあ。

2009-10-03_16.05.48.jpg
スポーク調整は外周から行うようになっています。

2009-10-03_16.06.07.jpg
雨なのに相変わらずお客さんの絶えないSANOMAGICの土曜日でした。

Topへ戻る