Topへ戻る


2009.11.14 SANOMAGIC Wooden Bicycle

NHK放映などで問い合わせがとても多いそうです。平日は作業に専念しますので見学は土曜日午後にお願いします。土曜日午後は概ね大丈夫ですが、遠方から来られる方は念のためメール等で御確認下さい。ゆっくり話したい方は、今日のような雨の日がお勧め。

2009-11-14_14.36.04.jpg
雨にも拘わらず、見学に来られている方がいました。

2009-11-14_14.38.40.jpg
マホガニー積層体の強度の秘密を見学者に説明。

2009-11-14_14.39.52.jpg
自転車好きなパパと一緒に見学。理科の勉強になったかな。

2009-11-14_14.40.39.jpg
6号機は、今日の夕方、オーナーが引き取りに来られます。オーナーの熱意により、茨城大学で性能試験が行われる予定。パーツの物性試験だけでなく、走行試験もするそうな。論文発表もされるとのこと。フレームのCTスキャンも撮られるらしい。発表の暁にはぜひ当ホームページへの掲載もお願いします。

2009-11-14_14.40.57.jpg
前回から1ヶ月でここまで完成。作業が速くなっているようです。

2009-11-14_14.41.09.jpg
長命さんが6号機にぞっこんのため、基本的に6号機のフレーム。ただし、微妙に進化します。

2009-11-14_14.41.20.jpg
7号機はレース仕様のため、6号機よりもフレームの肉を落とす。ハンドルはもちろん中空。長命さんはハンドルの中空化作業を見てあまりの凝り方に驚いたそうな。小畑も見たことないです。

2009-11-14_14.41.28.jpg
きれいな車体。EUROBIKEではカーボンにマホガニー箔を張ってあるのかと何度も訊かれた。もちろん、一部の金具を除き総マホガニー製。

2009-11-14_14.41.35.jpg
6号機との違い第1は、チェーンステーの肉を削いで断面を菱形にしたこと。強度計算を厳密にした。

2009-11-14_14.41.46.jpg
第2として、ヘッドステムの長さを1cm縮めた。

2009-11-14_14.42.06.jpg
ほかは、6号機とほぼ同じ。6号機のバランスがほぼ完璧だったため。

2009-11-14_14.42.14.jpg
ニス塗装は現在6回目で、あと6回行うそうです。

2009-11-14_14.42.57.jpg
細かい相違点として、トップチューブと、ダウンチューブのつなぎ目が、エッジでつながれた。

2009-11-14_14.43.12.jpg
7号機ではまた、サドル高さの調整範囲を狭くし、ジュラルミンパイプ(色の濃いところ)を最短にした。

2009-11-14_14.43.38.jpg
ボトムブラケット周辺。肉は極力そぎ落とす。

2009-11-14_14.43.52.jpg
足先の白い塗装はこれから。

2009-11-14_14.44.11.jpg
塗装未完とは言え、この光沢です。

2009-11-14_14.44.18.jpg
ストロボを当てると雰囲気が変わります。

2009-11-14_14.44.43.jpg
中空高剛性ハンドル。幅は6号機と同じ。

2009-11-14_14.45.44.jpg
見学の終わり。またおいで、坊や達。

2009-11-14_14.48.57.jpg
タイヤが付いていないと動物に見える。

2009-11-14_14.51.18.jpg
7号機のマホガニーサドル。体重のかかる中央部は弾性的に凹む。長時間走っても疲れないという。

2009-11-14_14.53.18.jpg
見学者にヘッドパーツを説明。

2009-11-14_14.53.19.jpg
【動画】スペーサーは奥様の指輪と同じ構造

2009-11-14_14.54.45.jpg
手前が7号機用、リム高さ40mm。リム製造技術の向上により、現在は40mmまで市販できるとのこと。

2009-11-14_14.54.59.jpg
こちらは3号機。あちこちに出没して人気を博している。

2009-11-14_14.58.18.jpg
7号機のチェーンステーの肉抜き。断面形状を菱形に近くしてエッジを立てた。デザインも美しい。

2009-11-14_14.58.39.jpg
ハンドルのレバー固定箇所(白いテープのところ)をのぞく全てと、トップチューブは、大変な手間で中空にしてある。

2009-11-14_14.58.53.jpg
色の境界が中空化作業のあと。

2009-11-14_14.59.12.jpg
ボトムブラケット周辺も肉をそぎ落としてスリムに。

2009-11-14_14.59.31.jpg
7号機はこうして限界まで軽量化した。末四郎もこれ以上の軽量化は難しいという。総重量、7.5kg!を目指す。

2009-11-14_14.59.41.jpg
塗装半ばでも光沢はこの通り。

2009-11-14_14.59.53.jpg
長命さんは「性能」で購入。2010年以降の自転車レースに続々と出場予定。2009年の富士チャレンジソロ200kmでは、マホガニーコルナゴに乗って、先頭集団に入らずに空気抵抗を受けながら走った。来年も7号機で同様に走ることで、走行性能を比較する。2年がかりの壮大な実験。

2009-11-14_15.00.24.jpg
曲率のひとつひとつまで、徹底的に改善。

2009-11-14_15.00.48.jpg
その結果が来年明らかに。長命さんは、7号機ならば、来年の富士チャレンジソロ200kmで、今年より30分は短縮と予想している。

2009-11-14_15.00.55.jpg
素晴らしい結果を祈ります。

2009-11-14_15.01.03.jpg
がんばれ7号機。世に木の性能を知らしめよ。

2009-11-14_15.01.51.jpg
雨なので、見学者は少なめ。その分、コーヒー飲みながらゆっくり話ができた。

2009-11-14_15.02.37.jpg
7号機サドルの裏側。ジュラルミンパイプは、末四郎が焼いて曲げた。パイプ込みで、150g。前後端支持で中央部のクッション性に優れる。手で強く押すと少し凹む。これまで一度も破損なし。

2009-11-14_15.03.59.jpg
7号機のディープリム。最終的に、高さ40mmになった。

2009-11-14_15.04.23.jpg
生産効率アップしたとはいえ、マホガニーリムは手間がかかる。作れるのは宇宙で末四郎のみ。

2009-11-14_15.14.15.jpg
トップチューブとダウンチューブのつなぎ目。軽量化のため肉をそぎ落としてエッジを立てた。きりっとしたエッジが綺麗。

2009-11-14_15.14.31.jpg
反対側から見る。オーナーの愛着ポイントになりそう。

2009-11-14_15.44.59.jpg
7号機のカンパニョーロスーパーレコード一式。定価45万円ほどするそうだ。

2009-11-14_15.56.29.jpg
小径車オーナーが横浜から来ました。雨なので愛車はなし。背中になんとSANOMAGIC。自分で作ったそうです。宣伝謝謝。マホガニーディープリムとマホガニーハンドル(いつの間に?)を装着した小径車の写真を送ってくれる予定。楽しみ。

Topへ戻る