Topへ戻る


2010.1.16 SANOMAGIC Wooden Bicycle

2010年1月16日、晴天の中、ハンドメイドバイシクルフェアを見学に行ってきました。Mahogany Bike目当ての見学者も多かったようです。トークショーも盛況で何より!

01_2010-01-16_15.46.36.jpg
ハンドメイドバイシクルフェアは科学技術館の1階展示場で行われています。入場無料。科学技術館の駐輪場には、高そうな自転車がずらりと並んでいました。

02_2010-01-16_14.36.25.jpg
SANOMAGICは今年、入場門を入ってすぐのところで展示しています。去年とはずいぶん待遇が違いますな〜。

03_2010-01-16_14.23.04.jpg
おお、人だかりができてます。

04_2010-01-16_14.29.40.jpg
マホガニーバイクの柔らかさが走行をどうアシストするかを中心に説明。

05_2010-01-16_14.23.10.jpg
クランクを足で押して、フレームの変形を見せる。柔らかい2号機で説明。2号機はこれまで柔らか過ぎると末四郎も考えていたのですが、ディープリムを装着したところ、いきなり高速車に変身。長命さんも唸る性能。柔らかいフレームによるアシストがディープリムとマッチした。自転車は奥が深いねえ。

06_2010-01-16_14.28.52.jpg
こちらは7号機。2号機に比べると骨太な印象。でも2号機より軽い。今年からレース漬けとなる。頑張っておくれよ。

07_2010-01-16_14.49.10.jpg
熱心に細部の写真を撮って行かれる方も多い。

08_2010-01-16_14.36.17.jpg
力学に詳しいお客さんが居ると末四郎は俄然説明に力が入る。(しかし、商売っ気はまったく見られない)

09_2010-01-16_14.35.35.jpg
竹のフレームについて質問が出た。竹のフレームはつなぐことができないため、材質の違うジョイントを使うことになる。ジョイントは竹と曲げ弾性係数が異なり、固有振動数も違うので、マホガニーフレームのように滑らかに弾性変形せず、フレームが柔らかくてもアシストは得られないことを説明している。「フレームが柔らかければ、アシストが得られるという単純なものではない。」

10_dscn4862.jpg
[Movie] クランクを足で押してアシストの原理を説明。

11_dscn4913.jpg
[Movie] 百聞は一見に如かず。なんと会場内で試乗することに。この方たちは大阪から見学に来たシマノ社の自転車技術者だそうです。どうりで詳しいはず。Mahogany Bikeはいかがでしたか。

12_2010-01-16_14.35.58.jpg
マホガニーグラスでマホガニーの自然赤化を説明、マホガニーボトルケージで粘る弾性を説明、U字部材を踏ませてマホガニー積層体がムク材より強いことを説明。おお、合理的ですな。

13_2010-01-16_15.01.00.jpg
小畑もまだ7号機だけは乗っていない。(長命さん今度お願いします) 先日、小畑は初めてロードバイクを購入したのですが、Mahogany Bikeのようにはスピードが出ないので、びっくりしました。ロードバイクって40km/hくらい軽く出るものと思っていました。今頃になって、Mahogany Bikeの性能がよくわかったよ。
(゚_。)☆\バキッ

14_2010-01-16_15.50.54.jpg
2号機オーナーの早川さん。2号機は普段、床の間に飾られているそうです。気持ちはわかりますね〜。毎朝、おはようとか話しかけていると思います。

15_2010-01-16_15.51.39.jpg
今やSANOMAGICの伝道師と呼ばれる長命さん。愛する7号機とツーショット。最近は横浜に出没しているらしいです。7号機で坂登りが楽しくなったのが理由とのこと。大変気さくな方なので、皆さん、話しかけて大丈夫ですよ。

16_dscn4945.jpg
[Movie] 今回のショーはいかがですかと末四郎にインタビュー。

17_2010-01-16_14.27.03.jpg
他にも面白い自転車がたくさんありました。人気を博していたハンモック自転車。気持ちよさそうですが、倒れないのかな。

18_2010-01-16_14.38.44.jpg
自転車ブームを反映して、なかなかに実り多いハンドメイドバイシクルフェアでございました。

ちゃんちゃん。

Topへ戻る