Topへ戻る

2010.3.17-19 SANOMAGIC Wooden Bicycle

Mahogany Bike 7号機は、2010年3月17−19日に台湾台北で開かれた「2010 TAIPEI CYCLE SHOW」に出品されました。NOVATECブースでの展示です。TAIPEI会場は2009年12月幕張サイクルモードの3倍の広さ。主に業者対象の展示会で、台湾自転車業界の活気が伺えます。最終日20日は一般客に解放されたものの、あまりの混雑のためMahogany Bike展示は19日で終了となりました。(末四郎撮影)

2010_03_17_104724.jpg
2010 TAIPEI CYCLE SHOWのメイン会場。遠方からも巨大さがわかる。

2010_03_17_110350.jpg
世界中の自転車関係者が受付で列をなす。

2010_03_17_110518.jpg
世界の自転車工場、台湾。あらゆる国の自転車部品が台湾でOEM生産され、高品質を誇る。

2010_03_17_113957.jpg
NOVATECブースの先端コーナーにMahogany Bike 7が展示された。

2010_03_17_113958.jpg
台湾では自転車木造が知られていない。そのため、「カーボンの表面にマホガニー板を貼ったのだろう」と言う見学者が後を絶たず、木造だと信じてもらえずに困ったという。

2010_03_17_115630.jpg
「こんな形に、こんなに堅く、こんなに軽く、こんなに綺麗に木で作れるわけがない」、という気持ちはよく分かります。専門家ならなおさらでしょうねえ。でも、中まで木なんですよ。ホントに。

2010_03_17_115631.jpg
奥の自転車も、航空機みたいで凄いのですが。

2010_03_17_115930.jpg
プロたちなので、フレームを叩いたり、塗装をなで回したり、観察が凄かったそうです。

2010_03_17_123916.jpg
皆さん、商売ですからまなざしも真剣。

2010_03_17_130332.jpg
この自転車のほかに、木造車はなかったとのこと。

2010_03_17_130352.jpg
カーボンにはない、積層マホガニー特有のフォルムに注目が集まった。

2010_03_17_130353.jpg
おお、かわいいモデルですな〜。心なしか7号機も喜んでいるような。

2010_03_17_130354.jpg

2010_03_17_130354.jpg(193kb)

2010_03_17_130355.jpg
台湾版の自転車記事もでました。これを見せて初めて木造を信用してもらえたという。木片を展示すればよかったですねえ。次の上海バイシクルショーではその点を考慮。

2010_03_17_140309.jpg
カヌー講習生、前畑さんの書いてくれた絵も飾りました。

2010_03_17_140310.jpg
他社製品ですが、これが会場で見かけた唯一の木造製品だったとか。無垢の木でできたサドル。堅いので窪みにクッションを貼るらしい。重くないのかな。

2010_03_17_140730.jpg
様々なカーボンフレームが並ぶ。右下のは強度大丈夫なんでしょうか。

2010_03_17_140826.jpg
ぷちぷちしてます。

2010_03_17_141526.jpg
おもしろいリムですなあ。どうなってるのかな。スポークは24本だけど。

2010_03_18_171724.jpg
matrix。弾丸もよけそうです。

2010_03_18_172054.jpg
SHIMANOも展示していました。

2010_03_18_172106.jpg
GIANTブース

2010_03_18_172116.jpg
MERIDAブース

2010_03_18_172122.jpg
SRAMブース

2010_03_18_172216.jpg
FULCRUMブース

2010_03_18_172848.jpg
COLNAGOブースにはレースカーも展示?アブダビ?

2010_03_19_175324.jpg
3/19午後5時の様子。広々とした会場。

2010_03_19_175340.jpg
PROMAXブース

2010_03_24_163530.jpg
自転車ショーが終わった後、佐野家は台湾旅行を楽しみました。食べ物がおいしく、物価が安く、人が親切なことに感動したそうです。

2010_03_24_163848.jpg
台湾では国を挙げて自転車振興。これもその一策。町のあちこちに置かれているレンタル自転車。

2010_03_24_163858.jpg
貸し出し装置はきめ細かくコンピューター管理するそうです。

英語が通じにくく、木造と信じてもらえない場面もありましたが、自転車王国・台湾での展開も楽しみです。

Topへ戻る