Topへ戻る


2010.3.27 SANOMAGIC Wooden Bicycle

船のリストアがあったり、台湾自転車ショーがあったりと多忙の末四郎ですが、8号機と試作2号機の製造も静かに進んでいました。試作2号機はフレーム形状がかなり異なり、低めのケーデンスで高速走行する設計。(小畑撮影)

01-2010_03_27_151918.jpg
船の塗装で忙しかったはずなのに、いつの間にか8号機の部品ができつつある。どの部品も動物骨格の感じがする。

02-2010_03_27_151954.jpg
8号機は7号機の形状を踏襲。これを見れば台湾の人々も納得するでしょうね。

03-2010_03_27_154704.jpg
8号機のリム。今度は28本スポークとする。

04-2010_03_27_154120.jpg
こちらはシークレットに製造が進む試作2号機のフレーム。8号機とは形状が明らかに異なり、より緩やかな曲線をなす。マホガニー積層体の高弾力を最大限に生かし、脚力をアシストする。既存の自転車とは大きく設計思想を変えた。小畑も、もの凄く楽しみにしてます。新たな技術の胎動を感じる。

05-2010_03_27_162210.jpg
運良く、長命さんがやってきた。おお、7号機の写真がやっと撮れる。8方向から存分にご覧ください。

06-2010_03_27_162224.jpg
7号機のフロントフォークはこれまでより直線的で、高剛性に作られている。長命さんのハイパワーに適応させた。バリバリのレース仕様です。

07-2010_03_27_162230.jpg
SANOMAGICの集大成といえる最高仕様。

08-2010_03_27_162240.jpg
これからのレースでの結果が楽しみです。飾っておく気はさらさら無し。走るために生まれた暴れ馬。毎月数百KMを走りまくります。

09-2010_03_27_162248.jpg
走って、走り抜いた後に、真価を問われるべきでしょう。

10-2010_03_27_162258.jpg
ボトルケージもマホガニー積層体製。カンパニョーロスーパーレコードが渋く映えます。

11-2010_03_27_162302.jpg
長命さんは7号機を「すばらしいスピードで、路面からの振動もなく全く疲れない」とベタ惚れ。

12-2010_03_27_162310.jpg
性能を追求していくと綺麗になるのは、本当だと思います。

13-2010_03_27_162326.jpg
セクシーな背骨の窪みも健在。

14-2010_03_27_162450.jpg
意匠面だけでなく、機能面から最適化しされたボトルケージ。ボトルをスポンと入れやすく、吸い付くように把持され、カーボンに遜色ない軽さ。

15-2010_03_27_162544.jpg
サドルとシートポストも、長命さんに対して最適化されている。サドルのフレームは、末四郎が自分で加熱して曲げている。納得のいくように。

16-2010_03_27_162616.jpg
6号機ともっとも異なるのはフロントフォーク。長命さんは常人離れした脚力があるため、フロントフォークを直線に近くし、幅を増した。オーナーに合わせてデリケートに寸法が最適化されている。

17-2010_03_27_162628.jpg
こちらは現1号機のフロントフォーク。ほっそりして見えるでしょう。曲がりも大きい。

18-2010_03_27_162120.jpg
1号機と7号機を並べる。7号機では相当な進化を遂げたことがわかるでしょう。

19-2010_03_27_162130.jpg
同時に、1号機からいきなり、最適解に結構近かったことも分かります。

2010_03_27_160430.jpg
こちらは、サイクルスポーツ誌による2010年ハンドメイドバイシクルショーの紹介記事。

2010_03_27_160510.jpg
Mahogany Bike 7号機が見学者人気投票で一位となりました。ありがとうございました。

20-2010_03_27_162418.jpg
7号機のがっしりさがよくわかります。でも、1号機の柔らかさが好き、という方もいて、オーナーの性格や体力、使用目的次第なのだな。誰にでも合わせることができるマホガニーバイク。

21-2010_03_27_162432.jpg
24本エアロスポークのディープリム。長命さんの酷使もなんのその。雨の中も高速で走り回っています。

22-2010_03_27_162702.jpg
路面からの振動を吸収し、疲れにくいハンドル。それでいて、長命さんが全力で立ち漕ぎしてもふにゃふにゃせず、高い操作性を発揮。不思議なマホガニー積層体中空ハンドル。

23-2010_03_27_155640.jpg
さて、本業?の船関係も紹介。綺麗に生まれ変わったフリッカ20をご覧ください。

24-2010_03_27_155628.jpg
外装があまりに綺麗になったため、オーナーは内装の全面的な補修も追加依頼。

25-2010_03_27_155600.jpg
この船には、本来の外洋航海を楽しんでもらいたいものです。

26-2010_03_27_155654.jpg
艤装も大幅に改良された。

27-2010_03_27_155704.jpg
SANOMAGICの塗装は、鏡のように周りを映す。

28-2010_03_27_155848.jpg
電気をつけると白肌に頬紅を差したよう。美女になりましたな。

29-2010_03_27_155710.jpg
小型艇ながら、ころころした船形と、高強度、低重心で外洋も航海できる。荷物をたくさん積めるが、係留費用は安い。

30-2010_03_27_155856.jpg
念のため申し添えますが、フリッカ20は市販艇で、SANOMAGICは今回、リストアを請け負っています。

30-2010_03_27_155940.jpg
デッキも見違えるようです。

32-2010_03_27_155958.jpg
キャビンへの入り口。

33-2010_03_27_155926.jpg
デッキ後方を見る。

34-2010_03_27_160004.jpg
ティラーで操縦する。

35-2010_03_27_160042.jpg
この舳先に立ち、南風に吹かれ、大海原と対峙したいものです。

Topへ戻る