Topへ戻る


2010.5.22 SANOMAGIC Wooden Bicycle

上海ショーから帰国した6号機と8号機を取材。試作2号機も順調に仕上がってきています。アシストを強めた試作2号機はどのような走りを見せるか。乞うご期待。(小畑撮影)

2010_05_22_151212.jpg
奥から、上海帰りの6号機、8号機、完成したばかりの試作2号機のフレーム。試作2号機のフレームがもっとも軽い。

試作2号機のフレームを比べてみる。(動画,5MB)

2010_05_22_151220.jpg
ホイールベースが長く、なで肩なのが大きな特徴。内部構造も変えることにより剛性を確保しつつ軽量化をはかった。

2010_05_22_151238.jpg
試作2号機は、今年のユーロバイクに出品する予定。90kg以上のドイツ人がゴリゴリダンシングする想定で剛性を高めてある。

2010_05_22_151324.jpg
手前が6号機、奥が8号機。6号機の色が熟成している。

2010_05_22_151520.jpg
試作2号機のフレームを担ぐ。持ち上げると異常に軽くて驚く。もはやこれ以上の軽量化は無理だろうとのこと。

2010_05_22_151704.jpg
8号機を8方向から撮影。8号機は川越地域で乗り回される予定。

2010_05_22_151714.jpg

2010_05_22_151726.jpg

2010_05_22_151732.jpg

2010_05_22_151740.jpg

2010_05_22_151748.jpg

2010_05_22_151754.jpg

2010_05_22_151802.jpg

2010_05_22_151810.jpg

2010_05_22_151818.jpg

2010_05_22_151842.jpg

2010_05_22_151850.jpg

2010_05_22_151900.jpg

2010_05_22_151932.jpg
流れるようなフレームライン。何気なく、日本刀を思い浮かべた。

2010_05_22_151956.jpg
8号機は35km/h位を楽に長時間走って、疲れないことを目的として作られている。

2010_05_22_152002.jpg
この8号機で近所を一回り走って、ランス小松さんは54km/h、それを聞いて発奮した長命さんは56km/h出したという。平地で。二人ともどんな走り方してるんですか。

2010_05_22_152012.jpg
まったく無駄のない造形。

2010_05_22_152020.jpg
初期のころとはずいぶん形が変わっているなあ。

2010_05_22_152034.jpg
バナナ型フォークを採用。

2010_05_22_152110.jpg
現在、一番製作が難しいのは、フロントフォークだそうです。

2010_05_22_152132.jpg
中空化作業の痕跡。どのように中空化しているかは、レントゲン写真を撮らないと分からない。

2010_05_22_152232.jpg
こちらは上海帰りの6号機。いつの間にかディープリム化していた。

2010_05_22_152240.jpg
6号機はいい色になりました。

2010_05_22_152254.jpg
7,8号機よりもやや細身のフレーム。

2010_05_22_160046.jpg
こちらは、試作2号機用の中空ハンドル。製造工程をさらに進化させ、剛性を高めつつ中空率を高め、軽量化を図ったという。剛性は高いが、重さは430g。カーボンより軽い。

2010_05_22_160106.jpg
長命さんの半木造コルナゴ。木造率50%位?

2010_05_22_160130.jpg
試作2号機の中空ハンドルとシートポスト。

2010_05_22_160150.jpg
試作2号機のサドル。

2010_05_22_163400.jpg
試作2号機のフレーム。フレームはすべて、比重の軽いマホガニー材を厳選。試作2号機はペダル抜きで6kg後半〜7kgちょうど位を目指す。

2010_05_22_163412.jpg
WRD-T2の銘。test No.2を意味する。この試作2号機は、1号機とともにSANOMAGICに残し、いろいろな実験を行う。

2010_05_22_163506.jpg
試作2号機のフレーム中央を上から見る。くびれが顕著になったような気が。

2010_05_22_163742.jpg
現在は、ユーロバイクに出品して体格の大きいドイツ人が立ち漕ぎすることを想定しているが、帰国後は各部を徐々に削り込み、性能がどのように変化するか詳細に調べるという。木だからできるテストですね。

2010_05_22_163758.jpg
性能をさらに高めるため、実業団の選手に漕いでテストしてほしいと末四郎は願っている。

2010_05_22_163820.jpg
コカコーラのボトルのよう。

2010_05_22_163828.jpg

2010_05_22_163838.jpg

2010_05_22_163902.jpg
この部分の挙動に要があるという。

2010_05_22_163924.jpg

2010_05_22_164006.jpg
フレームを前方から見る。

2010_05_22_164428.jpg
この自転車で新潟まで自走して佐渡一週レースに出場した飯野さん。

2010_05_22_165514.jpg
自転車談義は尽きない。

2010_05_22_165836.jpg
試作2号機のハンドル。確かに430gでした。

2010_05_22_170020.jpg
休む間もなく9号機の製造が始まる。

2010_05_22_170056.jpg
最近、人気が高まった深沢のこぎり。よかった。

2010_05_22_170128.jpg
試作2号機のマホガニーサドルは145gでした。金具入れて。

Topへ戻る