2010.7.17 Tsukuba Eight Hours Endurance Race

【2010年7月18日メールより】

こんにちは。

昨日(2010年7月17日)、「2010筑波夏の8耐」に参加してきました。
この大会は毎年、勤務先の自転車好きな仲間が集まり、楽しみにしている大会です。
10年前3人で始めた「筑波8耐」も、今年は2チーム10名+アシスタント2名、計12名と大所帯になりました。

今回も自慢の「マホガニーバイク」で参加しました。
やはり何処へ持っていっても多くの人達の注目を集めますねぇ・・・このバイクは。
そして、何と言ってもこの「マホガニーバイク」は見た目の美しさもさることながら、最新のバイクにも劣らぬ走りを見せます!

結果は、私の参加したAチームは総勢309?チーム中25位と健闘しました。
スタート後、約3時間経過時点ではトップ10位のときもありました。歳のせいにはしたくは無いですが、悲しいですねぇ・・・。(笑)
でも若い人達のスピードについて行けるのも、この「マホガニーバイク」のおかげですね!佐野さんありがとうございます。

ただ、この「マホガニーバイク」の性能を最大に引き出すには少々コツがいります。脚の回転方法や上半身の使い方など、今までのバイクの漕ぎ方とは少し異なります。乗り込めば乗り込むほど、高速巡航での長距離走行が楽に出来るようになります。

私もまだ現時点では、このバイクの性能を全部は引き出せていないと思います。その為、従来の自転車の乗り方を基準にして、この「マホガニーバイク」の性能を短時間で正当な評価をするのは絶対に無理です。

過去の「マホガニーバイク」も、各オーナーが自分の用途や好みを伝えて作成されているので、見た目は同じでも、乗った感じは個々に違います。この世に2つと同じものが無いのもこのバイクのいいところですね。

長命。


【2010年7月22日メールより】
(後半の写真で長命さんが笑っているのはなぜか、質問してみた/小畑)

確かにニヤケていますねぇ。
自分では意識はしていなかったですけど、「マホガニーバイク」のイイ走りに自然と笑みがこぼれたのでしょう。
筑波のコースは、「登り」と言えるような坂は無いのですが、ゆるやかな坂では確かに速かったです。
この7号機の特性なんでしょうね。ますます惚れ込みました。

佐野さんの作る「マホガニーバイク」が、最新のロードバイクに負けない走りが出来るということを、このようなレースシーンに出ることによって理解される日が必ず来ると思います。

次は「富士チャレ200」です。去年の「コルナゴマホガニー」との比較走行です。

長命。

左の写真をクリックして下さい。