2010.9.1-4 SANOMAGIC Wooden Bicycle in Eurobike 2010

左の写真をクリックして下さい。

今回のユーロバイク前に、ドイツのメディアでSANOMAGICのマホガニーバイクを紹介していたようで、数人からインタビューを見たという話を聞きました。春にCNNが取材したやつのようです。そのためか連日たくさんの人が T2 を目当てに見に来ていました。「ネットで見るよりも美しい」という声がよく聞かれました。

アグワイヤーのブースでも、街中でも、フェリーの中でも、目にした人たちが皆さんにっこりとほほ笑みます。この表情を見ると言葉の必要もなく大変うれしくなりました。みなさん嬉しそうに微笑んでいました。そんなものを作れたのだなぁと思うと、もの作りとしての幸せすら感じられました。それだけでもヨーロッパまで行った甲斐があったように思いました。

また 土曜日には、たくさんのヨットがボーデン湖に出ていて、その中にいくつも木造船を見ることが出来ました。どれも古いものでしたが、よく手入れが行き届いていて、オーナーの木造船に対する向き合い方が日本とはまったく違うことを感じました。

自転車にしても、ヨットにしても、木に対しては全く違った扱いをするのがヨーロッパのようです。だからこそ、私のT−2もフェリー乗船するとすぐ乗組員が特別の場所を用意してくれます。いつも同じ乗組員ではないのですが、必ず別扱いです。心遣いに本当にうれしくなりました。

そんな EUROBIKE 2010 の旅でした。

佐野末四郎 
(帰国後のメールより抜粋)