Topへ戻る


2010.10.23 SANOMAGIC Wooden Bicycle

2010年10月23日、SANOMAGICでは10号機の製作が始まっていた。手の込んだぴかぴかの竹製自転車もやってきました。

01_2010_10_23_155846.jpg
10号機の積層部品。手前は大人が乗ってもびくともしないフロントフォーク。

02_2010_10_23_155918.jpg
フレームを作った後に残った部分。これから何か作れるのかな。

03_2010_10_23_155926.jpg
複雑な切断曲面。つくづく、船の肋骨と同じだと思う。

04_2010_10_23_160000.jpg
フレームの部品。右側が上になるようだ。最終的には中空化される。

05_2010_10_23_160008.jpg
10号機オーナーの体に合わせて最適に寸法設定されている。部品の段階でも既に優雅な曲線だねえ。

06_2010_10_23_153720.jpg
格好いい竹製自転車で現れた三好さん。

07_2010_10_23_145516.jpg
フレームは竹をつないで接合部にカーボンを巻いた構造とのこと。シートチューブ内には金属パイプ。よくできているね〜。フロントフォークはカーボン。リムはジョバンニの木リムだそうです。

08_2010_10_23_145534.jpg
特別に育てられた肉厚の竹を使用するそうです。フロントフォークはどうしても木造化できないとのこと。

09_2010_10_23_145544.jpg
36本スポークの木リム。スポークの張力は高められないそうですが、振れや真円度は良好。

10_2010_10_23_145558.jpg
何の木でしょうかね?末四郎に聞くのを忘れた。スポークの無いマホガニーリムに末四郎が体重をかけている写真(これ?)を見て、ほんまかいなと、実物を見に来られた。

11_2010_10_23_145624.jpg
接合部には竹の絵が描いてある。米国のビルダーが作ったそうです。

12_2010_10_23_145744.jpg
ここにも竹の絵が。芸が細かいですねえ。そのほか、ハンドル、ブレーキ、サドルやトゥクリップなども手が込んでいる。

13_2010_10_23_145704.jpg
こういう自転車もあるんですね。SANOMAGICには見たことのない自転車が続々来てほんと楽しいですわ。なお、見学は土曜日の午後でお願いします。

14_2010_10_23_152544.jpg
T2のサドルを上げて試乗してみましょうか。

15_2010_10_23_152424.jpg
末四郎に効率のよい漕ぎ方(回さずに踏む)を教わってから、新木場を一走り。いってらっしゃ〜い。

16_2010_10_23_152500.jpg
10分ほど試乗。竹製自転車と比べてどうでしたか。

17_2010_10_23_155616.jpg
長命さんも元気にやってきました。久しぶりに見る7号機。先々週は雨の中を5時間半も激走してご苦労様。休む間もなく、2010年11月13日は千葉九十九里浜の「波乗り道路24キロタイムトライアル」に出場予定。

18_2010_10_23_155652.jpg
長命さんに「富士チャレ200」の話を聞きましたが、雨の中、下り坂では60kmものスピードとなり、ブレーキがききにくいところへ、クロス合流する自転車群が居て、事故が多く恐ろしかったそうです。よくぞご無事で。次回も気をつけてくださいね。その前に、晴れるよう祈ります。

Topへ戻る