Topへ戻る

2005年11月12日の状況

SANOMAGICへ取材に行ったら丁度、金子カメラマンの撮影現場でした。邪魔しないようにビデオ撮影の様子も少々。

051112a.jpg
山王丸はいま、デッキを製作しているところ。異様に存在感のある椅子が出迎えてくれました。これらの椅子は完成間近とか。

051112b.jpg
お約束のヒップ写真。側板が完全な対称をなしている。上に2本載っているのがデッキの梁。これをいま、チークを積層して作っています。

051112c.jpg
厚めのチーク板を6枚貼り合わせ、アーチ型に沿わせてクランプで固定。

051112d.jpg
接着剤が十分に固まるとアーチ状の梁ができる。

051112e.jpg
極めて強力なウレタン系接着剤を使用して積層する。貼り合わせる前に、接合する「両面」に接着剤を徹底して塗り込むことが極めて重要とのこと。

051112f.jpg
クランプを外して裁断することにより、デッキ梁が完成する。裁断面はすべすべで接着層は見えない。

051112g.jpg
こんな風に梁は固定される。チーク積層体でできたフレームとデッキ梁が三角形をなす。船体剛性が高いのも納得。

051112h.jpg
金子カメラマンによる撮影が再開。クランプを外して積層体を取り出すところ。このカメラは重そうですね。

051112i.jpg
末四郎の作業はとても速いので手がぶれている。

051112j.jpg
ところで、気になって仕方ない椅子。欲しいなあ。総マホガニーで、見る角度によって各部の色の濃淡が変化します。表面は1リットル1万円近くするオランダ製船舶ニスを15回以上塗り返す。塗装はまだ完了していないそうです。

051112k.jpg
あらためて確認しましたが平面が一つもない!。全て曲面(ほんとだって)。ネジも釘も使わず、全て木組み細工でパズルみたいに組み立てられています。作り方が全く想像できません。宮大工の方が見に来て驚いていたそうな。末四郎がどう頑張っても月2脚しか作れない椅子。平山郁夫画伯が1脚もっているとか。

051112l.jpg
船に戻ります。強力な梁とフレーム、それと堅い外板により、ふわりとした外観からは想像できない剛性が得られます。

051112m.jpg
新旧外板のつなぎ目をクローズアップ。旧外板には塗料が残っていますが、ご覧の通り少し削れば新外板と区別つかない綺麗な面が現れる。

051112n.jpg
取り外した積層体。木とは思えぬものすごい強度。応力を閉じこめてあります。

051112o.jpg
縦に裁断して端面を磨けば梁が完成。

051112p.jpg
デッキ梁は船の全長に亘って皆同じ曲率になっている。

051112q.jpg
これはデーセーラーの原図。実寸なので巨大な代物です。右側にある細い棒がチーク製のバテン。これが微妙な曲がりを最終決定する。

051112r.jpg
どう見るのかわかりませんが複雑です。各フレームの端面の傾斜まで表されているそうな。ころころしたものはバテンを押さえる「クジラ」。

051112s.jpg
デーセーラーの設計図を説明してもらいました。詳細な設計図はさすがに門外不出。

051112t.jpg
フレームの端面傾斜までも原図に示されている。

051112u.jpg
陸置きのし易さを考慮してバラストは下方へあまり突き出ない形にする。

051112v.jpg
撮影用のマイクを付ける。

051112w.jpg
チーク材の束。世界中を探しても入手が困難になってしまった。マホガニーはさらに入手困難とのこと。

051112x.jpg
側板の端面はいずれも微妙に傾斜していて、ほとんど隙間がない。

051112y.jpg
佐野さん、お邪魔しました。過労に気をつけてください。

Topへ戻る