Topへ戻る

2006年1月24-28日の山王丸

山王丸のデッキが完成するところを取材。金子カメラマンもちょうど撮影していました。

060124a.jpg
山王丸のデッキ。前部は完成している(2006/1/24)

060124b.jpg
残すは、両サイドの各一枚と船尾側(2006/1/24)

060124c.jpg
鋸刃型の端面に細長いチーク板をはめ込んでいく。正確さが要求される(2006/1/24)

060124d.jpg
板を湾曲させてデッキ梁上に固定する(2006/1/24)

060124e.jpg
1月24日の状態。もう海に浮かびそう(2006/1/24)

060125a.jpg
デッキ材はまず外側列、次に中心側列の順に固定する(2006/1/25)

060128a.jpg
デッキ材は直線ではなく、強い力で湾曲させる(2006/1/25)

060128b.jpg
デッキ貼り作業を金子カメラマンも撮影に来ていた。脚立の高さが異様な感じ(2006/1/28)

060128c.jpg
こちらが写らないように気をつけなくちゃ(2006/1/28)

060128d.jpg
2艘の船を並べて一人で交互に作業を進める。混乱しないのだろうか2006/1/28)

060128e.jpg
上にはこれまでの建造艇の仮フレーム置き場(2006/1/28)

060128f.jpg
両サイドも完成した(2006/1/28)

060128h.jpg
いつの間にか排水口も空いている(2006/1/28)

060128i.jpg
とうとうデッキ最後の一枚。右手に持っているのは間隙を計る木製のスケール(2006/1/28)

060128j.jpg
設計通りの間隙を確認。累積誤差が生じそうなものだが(2006/1/28)

060128l.jpg
この一枚を入れてデッキ貼りが完了。左側の白く細長い木は、はめ込まれるデッキ材の型板(2006/1/28)

060128m.jpg
愛用の墨壺。年季が入ってます(2006/1/28)

060128n.jpg
デッキもいよいよ完成(2006/1/28)

060128p.jpg
完璧に並んだ前部デッキ材(2006/1/28)

060128q.jpg
木の作るラインが美しい(2006/1/28)

060128r.jpg
デッキ貼りが終わると、次はマキハダ。マキハダ詰めに使う「音の良い」木槌(2006/1/28)

060128s.jpg
舳先の様子。このあとどういう形になるのかな(2006/1/28)

060128t.jpg
海を切り裂いていく姿を想像したい(2006/1/28)

060128u.jpg
先ほどの型板をチーク材に当ててデッキ材を切り出す(2006/1/28)

060128v.jpg
まずはケガいてと(2006/1/28)

060128w.jpg
淡々と作業する姿をテレビカメラが追う(2006/1/28)

060128y.jpg
形の最終確認(2006/1/28)

060128z.jpg
電動鋸で最後のデッキ材を切り出す(2006/1/28)

060128za.jpg
鉋で整形(2006/1/28)

060128zb.jpg
ぴたりと溝に入る形状に整える(2006/1/28)

060128zc.jpg
形状が決まったら鋸で端面をがりがりと荒らす(2006/1/28)

060128zd.jpg
はめ込んで(2006/1/28)

060128ze.jpg
当て木をしてハンマーで隙間無くたたき込む(2006/1/28)

060128zf.jpg
最後にネジ止め用の穴を開けてネジで固定する(2006/1/28)

060128zg.jpg
デッキ貼り作業の完了!(2006/1/28)

060128zh.jpg
金子カメラマンは完成したデッキを延々と撮影している(2006/1/28)

060128zi.jpg
一休み後に、マキハダ詰めを始める。マキハダが水を吸って膨らむことにより完全な防水となる(2006/1/28)

060128zj.jpg
軽快な音を立てて木槌が振り下ろされる(2006/1/28)

Topへ戻る