日本語Topへ戻る
Back to English Top
Translate to English

佐野末四郎が作ったマホガニーバイク一覧

Google Translation into English

今日まで佐野末四郎が設計および製作したマホガニーバイクの一覧です。

完成年月 型番 写真(クリックで拡大) 概要 詳しい説明へジャンプ
2008.1 1号機 SANOMAGIC初めての自転車。
木造艇の高性能化のため試作した。
2008.7 2号機 1号機を改良。フレームを中空化し、剛性を高めつつ軽量化した。S字型フロントフォークを採用した。
2008.12 3号機 2号機のフレームをさらに改良。フレームは4号機と同型。
2009.1 4号機 不可能と思われていた中空高剛性ハンドルを初めて採用。フロントフォークは外国人体重を考慮してバナナ型に。オランダに嫁入り。
2009.3 5号機
WRD-5
フレームはこれまでで一番ウェーブが強く、弾性に富む。中空高剛性ハンドルを採用。ゆったりとして速い走行性能を目指す。
2009.8 6号機
WRD-6
フレームは4号機と5号機の中間位のウェーブ。中空高剛性ハンドル。ディープリムにより高速走行性能を高めた。
2009.12 7号機
WRD-7

2009/11/25

2011/7/2
シートポストとシートチューブを一体化し、さらにフレームを削った。
バリバリのレース仕様を目指した。フレームによるアシストを最適化。SANOMAGICでの最軽量を達成(7.6kg)。
 2010.4 8号機
WRD-8 
  35km/h位を楽に長時間走って、疲れないことを目的として作られた。  
 2010.6  試作2号機
WRD-T2

2010/6/10

2012/5/19
with 62mm Mahogany deep rim
長距離を疲れずに高速で走るにはどうすればよいのか。フレームアシストの未来形を試す試験機。  
2010.8 9号機
WRD-9 
   やや小型ながら、乗り手を選ばず、万人受けする素直な走行性能。9月末、台湾へお嫁入り。  
 2010.12 10号機
WRD-10 
 総合的にバランスのとれた性格を目指した。  
 2011.3 11号機
WRD-11 
   シートポストとシートステーを一体化するとともに、マホガニーやぐらを採用。広いケーデンス範囲で強いアシストを目指した。  
2011.6  12号機
WRD-12
  シートポストとシートステーを一体化、フレームはいままでの歴代マホガニーバイクの中でもっとも弾力的にした。  
  • 2011年6月11日 マホガニーバイク12号機とマホガニー小径車の製造がパラレルに進行中。
  • 2011年7月2日 マホガニーバイク12号機に試乗。
  2011.7  小径車試作1号機
MWR-T1
 
2011年7月30日

2011年8月27日

2012年3月24日
 一般のロードバイクを抜き去るアシスト性能を持ちながら、輪行もできる20インチ小径車を目指す。  
  2011.10 13号機
WRD-13 
 オーナーの好みに最適化した、柔らかく快適なロードバイクを目指す。
 2012.3  14号機
WRD-14
  小柄なオーナーに合わせてトップチューブが傾斜している。レディースへの第1歩でもある。   
 2012.6 15号機
WRD-15 
   T2のフレームに近い特性のフレームを採用。高速で疲れないバイクを目指す。  
 2012.9 小径車2号機
MWR-2 
 
Down load NAHBS leaflet (PDF)
 小径車1号機よりもホイールベースを延ばして安定性をさらに増し、レース対応可能な小径車を目指す。  
2012.12 16号機
WRD-16 
   オーナーの好みに最適化し、快適で速いロードバイクを目指す。  
 2013.1  WRD-T3  
Large photo 1
Large photo 2
Large photo 3
Down load NAHBS leaflet (PDF)
700cマホガニーエアロホイールを搭載したロードバイク。エアロホイールの効果を試す。米国デンバーでのNorth American Handmade Bicycle Showに備えてフロント周りを強化した。  
 2013.4 小径車3号機
MWR-3
  オーナーのご要望により ドラムブレーキを搭載し、フレーム周りをすっきりさせた。ディスクブレーキ搭載への布石となるか。  
2013.8   17号機
WRD-17 
   これからロードバイクを本格的に始めるオーナーのために、最初はやや堅めのフレームとしている。  
 2014.5  小径車4号機
MWR-4
   レース指向のオーナーのための小径車。  
 2014.8 18号機
WRD-18
  週末は殆ど自転車の上で過ごすオーナーのためのバランスを追求したロードバイク。  
 2015.3 19号機
WRD-19 
   ヒルクライムも楽しむオーナーのために、走行性能を重視したロードバイク。
 2015.7 20号機
WRD-20 
   北の大地で走ります。フレーム形状は7号機に似る。  
 2015.11 21号機
WRD-21 
   染谷さんの愛機として、レースにも参加していきます。  
 2016.7 22号機
WRD-22 
   毎月1000km走る超人オーナーの愛機として、江ノ島に出没する予定です。  
 2016.11 23号機
WRD-23 
   22号機オーナーのご友人がオーナー。フレームの薄肉化技術がさらに進化しています。
 2017.8 小径車
5号機
MWR-5 
   最後の小径車5号機。  
 2017.8  小径車
6号機
MWR-6
    最後の小径車6号機。長命さんがオーナーです。  
 2017.12  24号機
WRD-24
   体格のよいオーナーに合わせてフレームはやや堅めに調整しました。  
 2018.10  25号機    ご夫婦で乗るペア自転車。SANOMAGICで初めてのクロスバイクです。
 2018.10 26号機  
 2019.2 27号機    秋田県にお嫁入りします。  

日本語Topへ戻る
Back to English Top
Translate to English